九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  【連載】山出淳也 アート、まちに出る 12

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 12

Thumb micro 6f691dcb2f
山出淳也
2021/01/14
LINE はてなブックマーク facebook Twitter


初めての助成金申請(前)

 僕たちは、常に資金調達に追われている。

 一般的にアーティストは、作品を欲しい人に販売し生計を立てる。作品を購入した収集家は部屋に飾り、友人を招き披露する。そんな、経済的に恵まれた限られた人のみが楽しめる場面も確かにある。

 かたや、僕たちが取り組むアートを通じたまちづくりは、地域の活性化などを目的とする非営利事業だ。イベント参加者のほとんどが愛好家であったとしても、結果的に地域の多くの人の利益につながるかで評価される。

 しかしながら、問題が二つある。一つ目はなぜアートなのか。二つ目はこの地域でなければならない理由は何か、である。

 「人が生きていくためにはパンが必要だ。そして、心が育つため、人が人らしく生きていくためにはアートも必要だ」。そんな建前を旗印に、アートは美術館を飛び出し、日常の風景に突然割り込んでくる。望んでいない人にとっては乱暴な話だ。この地域らしいアートのあり方を饒舌(じょうぜつ)に述べても、それは作者や企画する側からのお仕着せに過ぎない。その一方通行をどう解消するか。皆そこでつまずき、ただただ社会の無理解を嘆く。果たしてそうなのか? 問題の在(あ)り処(か)は僕たちの外側にあるのだろうか?

 2005年、仲間を募りBEPPU PROJECTを立ち上げ、企画を練った。多くの人に参加してもらいたいと考え、無料イベントも企画した。しかし、考えたはいいが資金がない。全くない。そのため自治体の補助金を調べ、申請書を書いた。僕のまちづくりにおける師匠のツルタさんに見てもらった。「0点だね」と即答された。何度も書き直し、ようやく「ギリギリ合格」と言ってもらえる書類ができた。

 何とか書類審査をパスし、審査員に直接プレゼンする機会を得た。「やっぱりアートだし、興味を持ってもらうためには、超絶カッコイイものじゃなきゃだめだ」と考え、徹夜を重ね工夫を凝らした。「我ながら良い出来だ」。そう思った。

 そして、人生初めてのプレゼンの日がやってきた。(やまいで・じゅんや=アーティスト、アートNPO代表。挿絵は鈴木ヒラクさん)

=(11月18日付西日本新聞朝刊に掲載)=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini bd59c9366d
終了間近

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」

2021/03/12(金) 〜 2021/04/18(日)
長崎県美術館

Thumb mini 0193632b8d

井上絢子「So Close,Yet So Far Away」

2021/04/03(土) 〜 2021/04/25(日)
EUREKA/エウレカ

Thumb mini c8478f99ed

収蔵作品展
40年目のバトン
―人とエピソードから振り返る―

2021/03/16(火) 〜 2021/05/05(水)
都城市立美術館

Thumb mini 809a9eed05

魂の旅 遠藤彰子展
~巨大画に広がる一大叙事詩~

2021/03/26(金) 〜 2021/05/05(水)
鹿児島市立美術館

Thumb mini 0bdcbc4ee0

企画展
県内遺跡発掘速報展
~こぎゃんとが出た!復興への足跡~

2021/02/06(土) 〜 2021/05/09(日)
熊本県立装飾古墳館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 67b1983f47
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 11

Thumb mini 34d2f10e92
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 10

Thumb mini 8310e24943
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 9

Thumb mini 26ed61aaf6
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 8

Thumb mini 00935c1da7
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 7

特集記事をもっと見る