九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  まなざしの果実 熊谷守一展から<5最終回>【連載】

まなざしの果実 熊谷守一展から<5最終回>【連載】

2020/01/11 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

熊谷守一(1880~1977)は97年の生涯で、自らを取りまく草花や動物、虫、人間の「いのち」を等しく見つめ、洗練された構図で描き出した。絵は守一と画題との対話の実りのようでもある。「モリカズ様式」と呼ばれる独自の境地を拓(ひら)いた作品世界を5回にわたって紹介する。

赤蝦蟇(1976年)

守一の油彩に目を凝らすと、筆跡の方向にまで気を使い、丹念に塗っていたことが分かる。「同じ図柄の絵でも塗り方を変え、実験を繰り返したのでは」と森智志学芸員は指摘する。
  守一は日本画も描いた。油彩とは対照的に気の赴くまま筆を走らせたようだ。「赤蝦蟇」は最晩年の作品。ぷっくりと愛嬌がある。守一はある時、禅画で有名な仙厓義梵の言葉を書にした。「仙厓)はわたしと同じ岐阜の人で幕末の坊主です。説教のときでも、こどもの描くようなへたな絵を描きました」(「熊谷守一 人と作品」1975年)。親しみがあったようだ。

夕映(1970年、岐阜県美術館蔵)


  89歳で画廊主に「ほんとうに描きたいと思っているもの」を、と請われ「そんなもの描いても(略)売れないよ」と答えながらも描き始めたのが、時間や季節の異なる日輪や月を描く「同心円シリーズ」。「夕映」は、夕日の色彩とおぼろな雲が瞳に映るかのようだ。守一は、同心円シリーズを「自画像」と答えたこともあるという。禅宗で悟りの境地を示す「円相画」にも通じる、守一だけに見えた森羅万象の境地がそこにある。(大谷知世)=12月27日西日本新聞朝刊に掲載=

連載1はこちら
連載2 はこちら
連載3 はこちら
連載4はこちら

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini c3474a1438
終了間近

発掘された日本列島展-新発見考古速報2019-

2020/01/18(土) 〜 2020/02/26(水)
大野城心のふるさと館

Thumb mini 56467b9f13

「大浮世絵展」関連イベント
特別講演会「北斎か広重か」

2020/02/29(土)
福岡市美術館

Thumb mini d2ecccb02b
終了間近

日本の切り絵 5人のミューズ

2020/01/04(土) 〜 2020/03/01(日)
北九州市立美術館 分館

Thumb mini 3f458ef8b8
終了間近

収蔵作品展
絵の中のファッション

2020/01/05(日) 〜 2020/03/01(日)
都城市立美術館

Thumb mini feb3b8d25a
終了間近

木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-

2020/01/26(日) 〜 2020/03/01(日)
福岡アジア美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini ff17860aac
連載記事

まなざしの果実 熊谷守一展から<3>【連載】

Thumb mini 3959cb6666
連載記事

まなざしの果実 熊谷守一展から<2>【連載】

Thumb mini 7da477bf5d
連載記事

まなざしの果実 熊谷守一展から<1>【連載】

Thumb mini 05a783f24b
連載記事

マンモス展から 永久凍土を掘る<下>【連載】

Thumb mini 115f45d25e
連載記事

マンモス展から 永久凍土を掘る<中>【連載】

特集記事をもっと見る