九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  画家たちの年齢に注目した「絵かきになりたい!展」の見どころ解説・後編【寄稿】

画家たちの年齢に注目した「絵かきになりたい!展」の見どころ解説・後編【寄稿】

2020/05/30 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 画家たちの年齢に注目した展覧会「久留米市美術館のコレクションing 絵かきになりたい!」が当初の会期を延長して、6月7日まで久留米市美術館で開かれています。同館の中山学芸員より、本展の見どころを前後編に分けて寄稿してもらいました。

前編はこちら

=====================================

【主な作品②】

  • 海老原喜之助《雪中猪》1931年頃 久留米市美術館蔵 *制作時27歳頃
  •  

 パリ時代に描かれ、「エビハラ・ブルー」と称賛された青を基調とした画面が特徴的な作品です。勢いよく駆ける猪の硬い毛並みや雪をかぶった木々を、パレットナイフで絵具を斜めに重ねることで、大胆かつ巧みに表現しています。

 海老原は20歳になる前に単身渡仏し、パリで藤田嗣治に師事しました。その時のことを「私は20歳前だったから、乱暴で、田舎者で、大変に世話をやいて貰った」と後に語っています。描かれた猪は、まさに猪突猛進、20代の頃の海老原自身を象徴しているのかもしれません。

 

【主な作品③】

  • 髙島野十郎《ぶどうとりんご》1954年 久留米市美術館蔵  *制作時64歳
  •  

 野十郎の静物画の中でも、色とりどりのブドウと青リンゴが、S字曲線を描くように配置された、計算された構図の面白さが際立つ作品です。色とりどりのブドウの一粒一粒に光が反射し、そのみずみずしさや硬さまで伝わってくる緻密な描写は、徹底した写実を追求し続け、物を見つめるまなざしにより深みが増した60代の頃の、野十郎ならではの表現と言ってよいでしょう。

 

【主な作品④】

  •  
  • 坂本繁二郎《達磨》1964年 寄託作品 *制作時82歳
  •  

 円い目玉をむいて口をへの字に結んだ達磨の起上小法師が、画面中央に鎮座しています。達磨の背後にたなびいて見えるものは、絵画的に処理された「起」という文字。赤い起上小法師と「起」の文字で、「七転八起」のメッセージを伝えようとしたというこの絵は、坂本を慕う飲食店の主人を励ますために描かれました。82歳の坂本と周囲の人々との交流を示す興味深い作品です。

 坂本は80歳を過ぎて、記者から「生まれ変わるなら何になりますか」と聞かれ、「生まれ変わってもまた画家になりたい」と答えています。この言葉には、絵ひとすじに歩んだ、充実した画家人生への満足感がにじみ出ています。

(久留米市美術館 中山景子)

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 91ed77d2fa
終了間近

開館40周年記念・寄贈記念 特別企画展
髙取家コレクション

2020/05/23(土) 〜 2020/07/12(日)
佐賀県立九州陶磁文化館

Thumb mini 253b415a13
終了間近

下関市立美術館所蔵品展 No.152
Families and Friends ─似ている?それとも正反対?

2020/05/26(火) 〜 2020/07/12(日)
下関市立美術館

Thumb mini 57d4145c26
終了間近

特集展示
きゅーはくどうぶつえん

2020/06/02(火) 〜 2020/07/12(日)
九州国立博物館

Thumb mini c8bfb3097a
終了間近

まなざしを借りて

2020/07/02(木) 〜 2020/07/12(日)
EUREKA/エウレカ

Thumb mini f78d4250e7
終了間近

うれしい生活

2020/07/04(土) 〜 2020/07/14(火)
ALBUS

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini b8e41dcee6
コラム

「ニュクスの角灯」で手塚治虫文化賞の漫画家 高浜寛さん 7/5まで熊本市現美で企画展

Thumb mini 283552248f
コラム

「白馬のゆくえ」展みどころ①「駆けてゆく駿馬たち-とある洋画家の見た美術史」

Thumb mini 424a3804d3
コラム

大平由香理さん 土地、現実を描く決意

Thumb mini 58e3ee2dc5
コラム

坂茂さん、大分県美で大規模個展 感覚重んじる誠実な建築家

Thumb mini 3bdde3b5c3
コラム

モクちゃん 人生の居候【寄稿 野見山暁治】

特集記事をもっと見る